気になる女性の加齢臭の原因

気になる女性の加齢臭の原因

 

加齢臭と聞くと「中高年のおじさま方」というイメージが浮かびますが、今は女性も加齢臭に悩まされているという方が多くなってきているのです。その、気になるにおいの原因というのはいったい何なのでしょうか。

 

臭いの原因は、年齢を重ねることで体内での発生量が増える「ノネナール」という物質で、これは女性の場合ホルモンの働きから男性ほどきつくはなりません。

 

ですが、男性と比べてどうこうといったところで女性にも加齢臭があることに変わりはありませんし、原因だけ分かっても対処法が分からないのではどうしようもありません。

 

ですから、女性ホルモンの減少が始まる40代くらいまでには対処しておきたいもの。過度なダイエットや喫煙などは女性ホルモン減少の原因になってしまいますので、できれば若いうちからこういったことに気をつけて生活していきたいですね。

 

他にも、体を不清潔な状態にしておくのも女性の加齢臭をひどくする原因の1つ。毎日の入浴で予防しましょう。

若い女性に増えている加齢臭の原因

最近になって年を重ねた男性だけでなくて若い女性にも多くなっているという加齢臭。その原因は、現代人の乱れた食生活やストレスなどにあるようです。

 

そもそも女性の加齢臭というのは女性ホルモンの減少が原因のひとつとして関わっているので、ホルモンバランスを整えて分泌を促してあげることが対策として有効です。

 

加齢臭の原因が分かったら、そのホルモンバランスの整え方も知りたいもの。女性ホルモンと密接な関係があるのが自立神経、そしてその自立神経をリラックスさせるために大切なのがバランスの良い食生活と質の良い睡眠です。

 

なので、睡眠不足を解消して栄養バランスのとれた食事を心掛けましょう。女の子らしいメイクやファッション、生活を意識することも大切です。

 

短期間に行うハードなダイエットや過剰な飲酒、喫煙も若い女性の加齢臭を誘発してしまう可能性が高いので、できれば控えるようにしたいものですね。これらの気をつけながら普段の生活を行っていきましょう。

トップへ戻る