頭皮が臭うのは女性の加齢臭のサイン

頭皮が臭うのは女性の加齢臭のサイン

 

最近なんだか頭皮の臭いが気になる…という女性の方、それは加齢臭かもしれません。加齢臭は男性のものというイメージもまだ強いのですが女性にも男性と同じように加齢臭がありますので、軽視せずに気をつけたいものですよね。

 

女性ホルモンの分泌量が減って来る40代くらいが特に注意が必要なのですが、その中でもにおいが出やすいと言われているのが「頭皮」なのです。

 

気になるにおいの原因は、体臭成分である「ノネナール」。皮脂の中に含まれている脂肪酸の一種が分解することでにおいは発生しますから、女性の加齢臭予防に大切なのは皮脂の過剰分泌を防ぐこと。
特に、頭皮に溜まってしまう皮脂を減らしてあげることが大切です。

 

では具体的に何をすればいいのか、それはもちろん入念な正しい方法でのシャンプーです。気をつけるのはゴシゴシとツメで頭皮を擦らないこと、そしてしっかりと洗い流すこと。この2つに気をつけて毎日正しくシャンプーを行い、頭皮からの加齢臭を予防しましょう。

女性の加齢臭は、頭皮の掃除で予防しよう

頭皮が臭うのは女性の加齢臭のサイン

 

女性にも多くなっている加齢臭、注意が必要なのは40代〜50代です。頭皮が特に臭いが強いと言われていますが耳の裏なども臭いが強い場所で、予防として効果的なのはそういった場所を清潔に保ってあげるということ。

 

最初に「何故40代〜50代の女性に加齢臭が発生するのか」というところですが、女性ホルモンには加齢臭の原因となる皮脂の分布津を抑える働きがあります。その女性ホルモンがちょうど40代あたりからガクンと分泌量が減るために、加齢臭が起こってしまうというわけです。

 

さて、では頭皮のにおいを予防する効果的な皮脂の除去方法を紹介します。においの元となる「ノネナール」という物質は頭皮の表面に溜まっていますので、このノネナールを吸着してくれる烏龍茶や緑茶を用意します。
これらを柔らかいコットンに染み込ませて、頭皮を拭いてあげましょう。これは1日1回、続けて行うと効果的です。女性には辛いにおいの悩み、しっかりと予防していきましょうね。

トップへ戻る