加齢臭が発生するメカニズム

加齢臭が発生するメカニズム

 

加齢臭の予防や対策を知るためには、まず原因を見極める必要がありますね。一般的にも「加齢臭の原因は『ノネナール』という物質である」ということは知られるようになってきました。

 

それでここではその詳しいメカニズムについてご説明したいと思います。「ノネナール」とは、皮脂腺から分泌される皮脂が酸化したものです。

 

皮脂腺から分泌される皮脂の中には「9-ヘキサデセン酸」と呼ばれる物質が含まれているのですが、この物質は若い人の皮脂にはあまり見られず、40才以降の中高年から多くなっていきます。

 

この9-ヘキサデセン酸は活性酸素によって電子を奪われると、「過酸化脂質」となります。この過酸化脂質が脂肪酸と結びついて更に酸化することにより、「ノネナール」が出来上がるのです。

 

つまり原因を2つ挙げるとすると、「脂肪酸」と「活性酸素」ということになります。こうして出来上がったノネナールは皮脂腺と繋がっている毛穴を通って体の表面へと出てくることで、独特の「加齢臭」を発するようになると言うわけなんですね。

若い人には加齢臭がないのは何故?

加齢臭の原因であるノネナールは、9-ヘキサデセン酸という脂肪酸と活性酸素が結びついてできたもの。ではどうしてこれが若い人には発生せず、40才を過ぎた頃の中高年に発生するのでしょうか。

 

まず「9-ヘキサデセン酸」それ自体が、若い人の分泌する皮脂の中にそれほど含まれていないのに対し、中高年になるとその含有量は急速に増えていくことが一つの原因です。

 

更に若い間はホルモンの分泌が活発で、そのホルモンの働きによって体内の活性酸素が除去されています。ところが加齢と共にホルモンの分泌も鈍くなっていくため、余分な活性酸素が増え、9-ヘキサデセン酸がどんどん酸化されていくというわけです。

 

更に9-ヘキサデセン酸を含む脂肪分が体に蓄積されやすくなるのも加齢臭の原因です。脂肪分の蓄積は主に食生活と運動に大きく影響されますが、特に動物性脂質の多い食事を摂り、かつ運動不足が続けば、当然脂肪は燃焼されず体内に蓄積されていきます。

 

若い人と同じような食生活をしていたとしても、年齢と共に運動量が少なくなり体の代謝機能も衰えてしまうことで脂肪分が蓄積されやすくなるため、加齢臭が発生しやすくなってしまうのです

トップへ戻る