食習慣の改善で加齢臭対策

食習慣の改善で加齢臭対策

 

加齢臭対策として石鹸やデオドラントなど様々な対策グッズが販売されていますが、普段の食生活を改善するだけでもかなりの加齢臭対策になります。というのも、加齢臭の原因になっているのは皮脂と活性酸素であり、これらは食生活の改善によって分泌量を減らすことが可能だからです。

 

まず皮脂の分泌を減らすには、脂質の多い食事を控えることが大切です。肉類や揚げ物を控え、代わりに大豆や魚類を積極的に摂りましょう。基本的に和食は体臭対策に効果的です。

 

また活性酸素を抑えるには、抗酸化作用をもつビタミンCとビタミンEがお勧め。ビタミンCを多く含む食品にはほうれん草、パセリ、ブロッコリー、グレープフルーツ、アセロラ、イチゴなどが挙げられます。

 

ビタミンEはカボチャやサツマイモ、にら等の野菜の他に、鯖や秋刀魚、シシャモ等の魚類にも多く含まれています。

 

これらの食材を中心にした食習慣を心がけ、緑茶やリンゴ、酢などそれ自体に消臭作用がある食品を摂ると良いでしょう。体質そのものを変えることが最も効果の高い加齢臭対策になると思います。

ミョウバンで加齢臭対策

加齢臭も含め、体臭対策にはミョウバンが良いと言いますね。これは本当で、ミョウバンは水に溶けると酸性になるため、皮膚表面の雑菌を抑制する殺菌作用があり、加齢臭などの体臭を防ぐことができるのです。

 

しかもミョウバンを使った体臭対策は安価で誰でも簡単に行えるので、これを利用しない手はありませんね。ではここで加齢臭対策になるミョウバン水の作り方をご紹介しますね。といっても作り方は本当に簡単で、1.5?ペットボトルに市販のミョウバン50gを入れ、水道水を注いで蓋をしてからよく振って溶かすだけです。

 

これをスプレー器に入れて耳の後ろや背中、脇、足などにスプレーするか、ガーゼに浸して拭くと良いでしょう。またお風呂にミョウバン水を50cc程入れて入浴するのもお勧めです。

 

もっと加齢臭対策効果を上げたいのであれば、このミョウバン水を、水の代わりに緑茶で作るという方法もあります。緑茶のカテキンが消臭効果を更に強めてくれると言われています。

トップへ戻る