加齢臭とは

加齢臭とは!

 

40才を過ぎた男性が発する特有の臭いを「加齢臭」と呼ぶのはもう誰しもご存知のことと思います。別名「オヤジ臭」などとも呼ばれて、特に若い女性からは嫌われていますよね。

 

この「オヤジ臭」と言う名でも呼ばれるとおり一般に中年以降の男性特有の臭いと思われがちのようですが、実は女性にもある臭いなんです。

 

では何故特に男性に限って「臭い」と言われてしまうのかというと、まず加齢臭の原因となっている特定の皮脂の分泌量が、女性より男性の方が多いという点が挙げられます。

 

また女性は臭いに対して敏感になっているので、自分の臭いに関しても日頃から気をつけていて対策を講じているためであるとも考えられます。

 

いずれにしても、自分の臭いと言うものはえてして気づきにくいものですから、知らない間に周囲に迷惑をかけていることもあります。加齢臭の臭いとは、古本・リーズ・蝋燭の臭いによく例えられます。

 

これら自体は臭くて耐えられない程の臭いではありませんが、特に日本人は臭いに敏感ですから、相対的に嫌がる人が多いのもまた事実。「もしかして・・・」と思ったら、早めに対策を取ってくださいね。

加齢臭と他の体臭の違いとは?

中年男性の発する特有の臭いを「加齢臭」と言いますが、これは大手化粧品メーカー「資生堂」の研究チームが臭いの原因を発見し命名したもので、「加齢に伴う体質の変化による臭い」という意味合いでこのように名付けられました。

 

体から発する臭いという意味では同じく「体臭」なのですが、一般に汗臭い臭いや腋臭という意味で用いられる「体臭」とは原因も臭いの質も異なります。

 

汗臭い臭いや腋臭というのは、基本的に汗腺から出る汗に体の皮膚表面や体毛に存在する雑菌が繁殖して酸化させることで発する臭いです。ツンと鼻をつくような臭いがしますよね。

 

これに対し、加齢臭は汗腺ではなく皮脂腺から分泌される物質が酸化することで発する臭いです。この臭いは鼻をつく汗臭さとは異なり、蝋燭のような、古い油が酸化したような、あるいは古本のような青臭い独特の臭いと表現されます。

 

更に汗臭さや腋臭は年齢に関係なく発せられますが、加齢臭はその名の通りある一定の年齢に達すると発しやすくなる臭いで、若い人にはない臭いである点にも違いがあります。

トップへ戻る