節酒は加齢臭予防に効果的

節酒は加齢臭予防に効果的

 

加齢臭を抑えるための対策グッズは色々販売されていますが、そもそも体臭を発しにくい体であれば、それらのお世話になることもないわけです。

 

予防が何より効果的、ということですね。では体臭を予防するためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

気をつけておきたい一つの点として、アルコールの摂取量が挙げられます。時々「主人がお酒を飲んだ翌日は加齢臭がきつくなる」という意見を耳にしますが、これにはそれなりの理由があるのです。

 

まず過度のアルコール摂取は肝臓の機能を低下させるため、体の解毒作用が低下してしまいます。その上健康状態が悪くなると活性酸素による酸化が進むため、結果として加齢臭を発するようになってしまいます。

 

更にアルコールが肝臓で分解されると「アセトアルデヒド」に変化しますが、これは加齢臭の原因である「ノネナール」と構造が似ているため同じような臭いを発する、つまり臭いを強めてしまうことになるのです。

 

従って、適度な量であれば問題ないのですが、体臭予防のためにもアルコールの過剰摂取は控えるようにしましょう。

加齢臭予防に有酸素運動

節酒は加齢臭予防に効果的

 

加齢臭予防に効果的なものの中に、運動も含まれます。運動をすれば汗をかきますから余計に臭いがきつくなるように思うかもしれませんが、予防という観点から言えば、定期的に運動している人の方が臭いにくい体質になるのです。

 

そもそも加齢臭の原因とは「皮脂」と「活性酸素」でしたね。皮脂の分泌を抑えたいなら体内にある皮脂の「タンク」を小さくしてやれば良いわけです。従って運動することで脂肪を分解すれば「皮脂タンク」は小さくなり、加齢臭予防に繋がるのです。

 

また体内の活性酸素を減らすためにも運動は大切です。活性酸素を減らし脂肪を分解させる運動とは、「有酸素運動」ですね。有酸素運動とは長時間続けることのできる、軽く汗ばむ程度の運動のことです。

 

代表的なものは、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などですね。これらをできれば毎日30分以上を目安に行えば、加齢臭予防に役立つだけでなく、生活習慣病の予防など健康にも効果がありますよ。

トップへ戻る