嫌われる50代女性の加齢臭

嫌われる50代女性の加齢臭

 

50代女性の中には加齢臭で困っている人が多くいます。閉経後、女性ホルモンが少なくなり、それまで抑えられていた皮脂が多く分泌されるようになり、皮脂腺などから加齢臭が出てくるようになってしまいます。

 

皮脂腺のケアを怠ると加齢臭が出てきてしまうことから、いかにケアをしていくかというのが大事となります。50代になると、外で運動をするということも少なくなります。すると、汗をかかなくなり、たまに汗をかいた時に粘り気のあるような汗しか流れず、それも臭いの原因となります。

 

日ごろから運動することで汗が流れやすい体となるばかりではなく、体内の環境も良くなり、身も心もきれいになります。食事面でも気を付けることが大事であり、加齢臭を抑えてくれるビタミンBやビタミンCをたくさん摂取することが必要です。

 

野菜や果物中心の食生活に切り替え、健康的な毎日を過ごすことが加齢臭をなくさせる生活習慣となるため、実践していくことをおすすめします。

50代女性の加齢臭対策

嫌われる50代女性の加齢臭

 

清潔で衛生条件が整ってきている昨今では、多くの人が毎日入浴しています。そのため、臭いに敏感な人も多く、大衆などを気にしている人も増えています。50代女性に関しては、更年期なども臭いの原因となっています。

 

加齢臭として考えられることも多く、様々な対策方法があります。もちろん毎日の入浴や歯磨きなどは重要ですが、頭皮などにも注目するといいです。

 

皮脂の汚れやバクテリアの発生などは、やむを得ないことですが、できる限り抑えるといいです。ノネナールという臭いの物質も原因となる場合が多いです。

 

胸や背中、生え際までを良く洗うことが重要ですが、通常の石鹸では変化がない場合には、専用のものをそろえるといです。また、口からのにおいの場合には、タブレットなどで抑えることもできます。

 

汗をたくさんかくのも原因の一つとして考えられますので、制汗スプレーを使用することも有意義です。香水のみでの香りの調整は、元を断つことにはなりませんので、検討が必要です。

トップへ戻る