女性は更年期になると加齢臭が強くなるのか?

女性は更年期になると加齢臭が強くなるのか?

 

加齢臭というと男性だけのものというイメージがありますが、女性もまた加齢臭がすることがあります。特に更年期障害が起きると、その臭いは強くなるというのですが、どのような関係があるのかというとホルモンが鍵となるのです。

 

女性でも身体の中にはある程度の男性ホルモンがあります。それは若い頃であれば女性ホルモンによって抑えられるので、表に出ることはありません。

 

しかし更年期障害が起きている状態というのは、閉経前後で卵巣機能が低下して女性ホルモンが減少してしまっているのです。そうなれば抑えていたはずの男性ホルモンの働きが強くなり、皮脂の分泌が多くなり、それが酸化して臭いの元になります。

 

女性ホルモンが減少する時期から加齢臭がでやすくなりますから、女性ホルモンに近い大豆イソフラボンなど摂取してホルモンバランスを整えたり、食事や運動などの生活習慣を見直して健康的な生活をすることで、加齢臭を抑えることは可能です。

 

どうしても気になるのであれば加齢臭対策の石鹸を用いて余計な皮脂を洗い落とすことも効果があります。

更年期障害と加齢臭の関係

女性は更年期になると加齢臭が強くなるのか?

 

女性の加齢臭は、30歳以降から女性ホルモンの分泌が減っていくとともに強まってくるので、ちょうど更年期障害のころに臭いが強まることになります。

 

なぜ女性ホルモンの減少と加齢臭が関係しているのか、まずは体臭の仕組みについて理解しておくとその理由がわかります。

 

加齢臭は男性も女性も原因は同じで、どちらも酸化した皮脂と、中高年になると出てくる脂肪酸のパルミトオレイン酸が反応することで発生します。

 

臭いの発生源である皮脂は、若いころは女性ホルモンのおかげで分泌量がある程度抑えられているのですが、更年期障害の体は女性ホルモンの量が減るので皮脂腺の働きがどんどん強まっていくので、年齢を重ねるほどにおいがきつくなっていきます。

 

男性の場合が還暦を過ぎたあたりから薄まるのと対照的ですね。でも、更年期障害による加齢臭対策は可能で、臭いが特に強いTゾーンや頭皮などを殺菌効果のあるソープで洗浄するようにするといいでしょう。

トップへ戻る