知らなかった!女性の加齢臭の原因とは

知らなかった!女性の加齢臭の原因とは

 

加齢臭ときくと、中年男性などのイメージを思い浮かべる方もいるでしょう。ある程度の年齢になり、すれ違う状態でも、なんとなく相手の臭いがわかる程度の独特な臭いなどがすることがあります。ですが、加齢臭は男性だけでなく女性でも発することがあります。

 

女性の場合の加齢臭の原因としては、女性ホルモンが減少してしまい、男性ホルモンの量が増えてしまったりした場合などにより皮脂の分泌量が多くなってしまうことなどで、臭いにつながることがあります。

 

そのため、それほど高齢でない方であっても、ホルモンバランスが乱れるような生活習慣を続けている場合などは、加齢臭を発することがあります。対策としては食生活の改善をしていくことや生活習慣の見直しなどが重要です。

 

そのほかにも、体を清潔な状態に保つこと、シャワーなどで余分な皮脂を洗い流すなどして、肌をきれいな状態に保つこともある程度臭い対策につながります。

 

臭いが気になるからと、洗髪や体を洗う際に、過度に洗うことは肌荒れの原因になることもあるため、適度に汚れや余分な皮脂を洗い流すことも大切です。

女性の加齢臭にも体質以外に原因があった!

知らなかった!女性の加齢臭の原因とは

 

加齢臭と聞くと男性の悩みというイメージがありますが、最近では女性の間でも加齢臭に悩まされている人が増えています。個人の体質の問題と思いがちな加齢臭ですが、体質以外にもその原因はあります。

 

実は男性も女性も加齢臭の原理は同じです。それはノネナールという成分です。これは中高年になると皮脂の中に見られるようになる脂肪酸が、分解されたり酸化することによって発生します。

 

男性の方が臭いが強いのは男性ホルモンによって皮脂の分泌量が多く、ノネナールが発生しやすいためです。女性は女性ホルモンによって皮脂の分泌量が抑えられているので臭いが目立ちません。

 

ところが加齢により女性ホルモンが減少し、その影響で男性ホルモンが活発に働くようになります。その結果皮脂の分泌量が増え、臭いが目立つようになるのです。

 

皮脂量が増える原因となる脂肪分の摂取をなるべく避けるようにしたり、規則正しい生活や適度な運動によって加齢臭の原因である皮脂の量をコントロールするようにしましょう。

トップへ戻る