女性の加齢臭って男性の加齢臭の匂いとは違うのか!

女性の加齢臭って男性の加齢臭の匂いとは違うのか!

 

男性の悩みによく聞かれる加齢臭ですが、女性にも加齢臭があることをご存知でしょうか?実は男性も女性も加齢臭の臭いの原因は同じなのです。

 

男女問わず、40歳を過ぎたあたりから皮脂に含まれる脂肪酸が酸化することで発生するノネナールという成分が中高年特有の匂いの原因と言われています。

 

年齢と共に増加していき、そして60歳台に入ると急増してしまいます。体が若い時には抗酸化物質の動きが活発なためにこのノネナールの発生が抑制されています。

 

しかし加齢と共に抗酸化作用が弱まり、匂いの原因になってしまうのです。男性に多いのは男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多い為、どうしてもにおいが目立ってしまいがちになることが原因になっています。

 

そのために加齢臭は男性特有な物であると認識されてしまっているのです。女性は35歳を過ぎると女性ホルモンの分泌が減少してきます。この頃から抗酸化作用の働きが弱まりがちになりますので、注意が必要です。

女性の加齢臭ってどんな匂い!?

女性の加齢臭って男性の加齢臭の匂いとは違うのか!

 

年齢を重ねると、女性も男性も加齢臭が出てくるようになります。

 

気になるのは男性と女性で匂いが異なるのかというものですが、基本的に加齢臭はノネナールという物質が生ずることで発生するため、匂いにさほど変化がなく、チーズの匂い、古本の匂いといったものになっていきます。

 

油分が酸化した匂いとも言われており、いずれにしても男性も女性もそのメカニズムは同じです。ただ、男性は加齢臭とは別に、タバコや口臭、体臭なども絡んでくるため、複合的なものとなります。そのあたり、女性は加齢臭そのもの、単体的なものです。

 

そのため、加齢臭をなくすためには、元から断つことが大事です。出てくるポイントとしては頭皮や耳の後ろ側、うなじなど頭部や首回りです。

 

この部分を念入りに洗うことが大事です。頭皮の場合には洗いすぎると皮脂が少なくなり、乾燥し頭皮の環境を悪くさせてしまうため、アミノ酸のシャンプーなどを用いて優しく入念に洗うことが必要となります。

トップへ戻る