加齢臭に気を付けなければならない女性の年齢は

加齢臭に気を付けなければならない女性の年齢は

加齢臭に気を付けなければならない女性の年齢は

加齢臭に気を付けなければならない女性の年齢は

 

加齢とともに発生する臭いである加齢臭は、ノネナールという物質が原因となっています。これは皮脂腺の中の過酸化脂質・パルミトオレイン酸という二つの脂肪酸が反応することにより生成される物質です。

 

特にパルミトオレイン酸は年齢が若い頃には分泌されませんので、加齢と共に臭いも強くなっていきます。男性の場合では60代過ぎには皮脂分泌の減少により、加齢臭はだんだんと消失していくと言われていますが、女性においては45歳〜60歳頃にやってくる閉経の後、女性ホルモンが少なくなると加齢臭はより強くなることが分かっています。

 

女性ホルモンは酸化・皮脂分泌量を抑制していますので、女性ホルモンが最初に減り始める30代後半あたりから、早い人では加齢臭を感じることが多いです。

 

また、皮脂量は20代から増え始めて30代でピークを迎えます。皮脂分泌量が多ければノネナール物質の生成量も比例しますので、女性ホルモンの減少が始まる時期と合わせても、30代から注意する必要があります。

女性は何歳から加齢臭対策をしなければならないのか

加齢臭に気を付けなければならない女性の年齢は

 

加齢臭は男性だけでなく、女性も対策をするべきです。たとえ自分では臭いが気にならなくても、周りは敏感に察知している可能性があるからです。

 

では、だいたい何歳くらいから始めることが望ましいのでしょうか。対策は早いに越したことはありませんが、目安としては30歳も後半に差し掛かってきた頃でしょう。

 

仕事や家事などのストレスが一番たまりやすく、女性ホルモンも乱れやすくなるので、加齢臭も出やすくなります。

 

男性と違って自分では気付きにくく、また臭いというよりも独特な臭いという感じなので、男性の加齢臭対策のようにただいい香りを体に振り撒くだけでは効果が薄いでしょう。

 

対策としては、特に30歳くらいから生活習慣を見直して改善するようにし、ストレスを溜め込まないようにすることが挙げられます。

 

これだけでも大分女性の加齢臭を抑えることができますが、念のため皮膚科やクリニックなどで原因を探っておくと、より効果的な対策をとることが出来るでしょう。

関連情報

トップへ戻る